第43話 【鍋のススの巻 by セコセコビッチ】

エジさん
遊びに来たぞ。

セコセコビッチ
あ、エジさん、いらっしゃい。どうぞ、あがってください。

エジさん
おう、なんじゃ、料理してたのか。

セコセコビッチ
はい。

エジさん
おいおい、その鍋、ススだらけだな。洗ったほうがいいんじゃないか?

セコセコビッチ
いえ、このほうが経済的なんです。

だって、ピカピカ光っていると熱を反射してしまうので、効率悪いでしょ。
だから、こっちのほうがガスを節約できるんです。

エジさん
そんなことは知っている。もう帰る。
数日後

ヘルスナヤ
なんかエジさん、頭のはげてる部分に黒の絵の具塗ってたけど、どうしたのかしら。

何かこころあたりある?

セコセコビッチ
さあ。
 ポイント

セコセコビッチ
鍋の底のススはとらないほうがよい。

ホーム 前へ 次へ