池田屋突入(その4)・・・狼狽する池田屋惣兵衛

「亭主驚キ奥之二階え去り、跡ヲ直ニツケ参ル」

会合に遅れて来た客人だと思い込んでいた池田屋主人・惣兵衛は、鎖帷子に身を固めた隊士らを見て驚愕。

パニックになった主人は、とっさに裏階段を登り、二階で会合する客人に緊急事態を知らせようとしました。

主人の狼狽ぶりを見た近藤は、
「この宿には何かある」と判断。
すぐさまその後を追って裏階段を登っていきました。

トップ前へ次へ