池田屋突入(その8)・・・主戦場、一階に移る

2階で戦闘が開始されると直ちに灯りが消され、現場は闇に包まれたと想定されます。

また、池田屋の2階は構造上天井が低く、刀を振りかざして戦うことができませんでした。

さらに、敵はどんどん階下へと逃げて行くため、近藤は主戦場を1階に移すことを決断。沖田の腕に絶対の信頼をおいている近藤は、沖田一人に2階をまかせ階下に駆け下りていきました。

トップ前へ次へ