池田屋突入(その15)・・・捜査終了

新選組によって制圧された池田屋内から重傷の藤堂、裏庭の奥沢・新田・安藤、そして2階に倒れる沖田が運び出されました。

5人は応急手当を受けるため祇園会所に運ばれましたが、奥沢の死亡が確認されました。また、新田、安藤も約1ヶ月後、この傷がもとで死亡しました。

討ち入り開始から約2時間後の午前零時までには屋内の捜査は完了。池田屋に残された遺体の中には宮部鼎蔵ら重要人物の姿もありました。

捜査が終わるころまでには、数百人にも及ぶ会津藩兵らが池田屋の周りを取り囲んでいましたが、池田屋内で起こった事件のすべては、わずか34人の新選組一手で行われたものでした。

トップ前へ