地球温暖化による海面上昇が及ぼす深刻な問題を考えていきましょう。
--- 2.思想と文化 ---
リゾートにいる限り、あまり感じませんが、

モルディブは敬虔なるイスラム教国の一つです。


日本やヨーロッパ諸国からの観光客が落とす外貨収入は歓迎する一方、

国民は私たち観光客と一定の距離をおきながら生活しています。


私たち観光客が、リゾート島以外の島を訪れるのは決して容易ではなく、

政府から許可証をもらう必要があります。

これは、モルディブ国民が裕福な外国人観光客が持っている黒い部分

(酒、ポルノ、賭博、環境破壊等)に感化されることをおそれているからです。


モルディブは、犯罪も少ない平和な国です。

人々は、自分たちの文化、歴史、生活、宗教、思想を守り続けることで、

この平和を保っています。



写真:リゾート島へ向かうボートから撮影

モルディブ国内の移動はボート。

途中、無人島や人家がある島を見ることができますが、そこへ立ち寄ることはありません。

観光客は、必然的に宿泊施設が整ったリゾート島へ案内されていきます。

前へ 次へ

HOME

1.島国モルディブ 
2.思想と文化 3.もともと低い島の海抜 4.高波対策の現状 5.モルディブの主張と地球温暖化の原因国

6.モルディブが抱える深刻な問題 7.求められる高い次元での国際協力 8.おわりに