地球温暖化による海面上昇が及ぼす深刻な問題を考えていきましょう。
--- 4.高波対策の現状 ---
1987年、原因不明の高潮が発生。

3m以上にもおよぶ高波が押し寄せ、首都マーレの1/3が水没するという被害を出しました。

これを受け、モルディブ政府は防波堤や消波ブロックの設置を行いました。




下の防波堤は、一見普通の防波堤ですが、よく見ると改修した跡があります。





これは、これまでの防波堤の高さと規模では、高波を防ぐことができなくなったことを意味しています。

防波堤は、当然、海面水位から何mということで設計施工されておりますので、

海面水位が上昇すれば、その分だけ、かさ上げされることになります。


観光客の中には、リゾート島でこのような物体を見かけると、不快感を示す方もおられるようですが、

その背景にある原因を、(場合によっては観光客自身のエネルギー浪費もひとつの原因になっていることを)

是非ご理解していただきたいものです。

前へ 次へ

HOME

1.島国モルディブ 2.思想と文化 3.もともと低い島の海抜 
4.高波対策の現状 5.モルディブの主張と地球温暖化の原因国

6.モルディブが抱える深刻な問題 7.求められる高い次元での国際協力 8.おわりに