伝説57:咳止めにツリガネニンジンの煎じ汁を

ツリガネニンジンは高さ50〜90cmほどの茎をまっすぐに伸ばし、
9〜10月ころ、淡紫色の小さな釣り鐘型の花をつけます。

【作り方】
1.夏の終わりころに根を掘り、水洗いして乾燥させます。
2.1日量8〜12グラムを200〜400ccの水で半量になるまで煎じたらできあがりです。

これを3回に分けて飲みます。
さらに、ツリガネニンジンの半量の甘草を加えると、飲みやすくなるばかりではなく、薬効が上がります。


 HOME 前へ 次へ