日本列島アナログナビゲーション化計画
 ★★★ なぜマンホールなのか? ★★★
構造的メリット

普段、マンホールは、マンホールの蓋しか目にすることがありませんのでイメージしにくいかもしれませんが、

蓋の下は筒状の大きな構造物となっており、下水管と下水管を接合する枡の役割を果たしています。


また、基礎もしっかりしているため、周辺の道路と比べると沈下しにくく、

地震など地盤の変形が予想される災害に強いという特徴があります。


さらに、案内版のように倒壊する心配も少なく、

蓋自体も大型車の輪荷重に耐えられる強度を持っているため非常に頑丈です。


位置的メリット

マンホールの蓋は原則として道路上あるため、

新たな用地買収のコストをかけずに、そのまま経路誘導ツールとして利用することができます。

また、マンホールは道路の分岐点、単路部においては数十メートル間隔で設置されていますので、

そのまま分岐点案内、通過点案内のツールとして利用することができます。


HOME 前へ