■ 便秘にエビスグサの煎じ汁(ハブ茶)を

エビスグサは、北米の原産で、
我が国には、江戸中期に中国より渡来しました。

エビスグサの種子は決明子(けつめいし)といって、
これを煎じたのが健康茶として有名なハブ茶です。(ハブソウからも作る)

【作り方】
種子200gを500ccの水で濃いめに煮つめてできあがりです。

これをお茶がわりに飲むとよいでしょう。
またゲンノショウコを加えると、より効きめが上がります。
※道の端など全国的に見られる多年草

 HOME 前へ 次へ