■ 貧血にほうれん草の卵油炒めを

そのまま飲んでも心臓病などに効く卵油を、炒め物の油代わりに使います。

鉄分豊富なほうれん草をこの卵油で炒めると、貧血症によく効きます。
味付けは、いつも通りでかまいません。

【卵油の作り方】
1.卵の黄身だけを 鉄のフライパン(テフロン加工不)に入れます。油は一切使用しません。
2.しゃもじで押しつぶすように炒り続けると黄身の水分がとれ乾燥した状態になります。
3.火加減は弱火めの中火。入り卵の要領でかきまぜます。
4.しばらくすると全体がきつね色から濃い茶色に変化し焦げの匂いのある煙が立ちます。
5.全体が真っ黒になってきたら、それをしゃもじで押しつぶすようにかきまぜる。
6・根気強くかきまぜると 少しずつべとべとしてきます。
7.作り始めて約2時間すると黒い液体(卵油)がにじみ出てきます。
8.充分の油がでたら火をとめ、残りかすを茶漉しでとりのぞきできあがりです。

卵黄10個で大さじ2〜3杯が目安です。


 HOME 前へ 次へ