おとこ健康記は、昔から伝わる民間療法のうち、仕事のストレスや接待等から男性に多いとされる健康の悩みに焦点を絞り紹介しております。主に、食べ物、飲み物による療法で、材料は家庭にある野菜や野山の草木などを用います。また、その作り方やレシピも併せて紹介しています。


■ 胃のただれにタラノキの煎じ汁を

山菜のタラノメは、成長すると全体に鋭いトゲがあるタラノキになります。

その根皮と樹皮(トゲも含む)の煎じ汁は、

胃のただれの他、神経痛、高血圧症、糖尿病にも効果があるといわれています。


【作り方】
1.根皮と樹皮をそれぞれ15g、甘草1g用意します。

2.700ccの水で半量になるまで煎じればできあがりです。

これを1日3回、食間に服用します。


 HOME 前へ 次へ