「おつうじさん」は、昔から伝わる民間療法のうち、
下痢や便秘など「お通じ」に関する悩みに焦点を絞り紹介しております。
主に、食べ物、飲み物による療法で、材料は家庭にある野菜や野山の草木などを用います。
また、その作り方やレシピも併せて紹介しています。

■ 頑固な便秘にノイバラの果実を

ノイバラは道端にも原野にもふつうに自生する落葉低木で、

枝にはまばらにトゲが生えています。

果実は晩秋に赤く色づきますが、

このよく熟した果実をとって乾燥させたものを「営実(えいじつ)」といいます。


この営実3〜5g(1日量)を煎じ、これを3回に分けて飲みます。

また、季節的に生の果実が手に入るようでしたら、生の実10個ほどを食べても効きます。


 HOME 前へ 次へ