「おつうじさん」は、昔から伝わる民間療法のうち、
下痢や便秘など「お通じ」に関する悩みに焦点を絞り紹介しております。
主に、食べ物、飲み物による療法で、材料は家庭にある野菜や野山の草木などを用います。
また、その作り方やレシピも併せて紹介しています。

■ 慢性的な便秘にアロエを

アロエは「医者いらず」といわれるほど、さまざまな薬効がありますが、

下剤としての効能もそのひとつです。

アロエは、そのままかじっても、すりおろしても、煎じても効きます。

副作用の心配はありませんから、慢性の便秘によいでしょう。


【留意事項】
アロエは、このように下剤として用いるものです。

まれに、下痢に効くと誤解されている方もいるようですので、気をつけて下さい。


【食用にするなら】
アロエには大きく分けてアロエベラとキダチアロエの2種類ありますが、

そのまま食べるときはアロエベラの方がむいています。


 HOME 前へ 次へ