「おつうじさん」は、昔から伝わる民間療法のうち、
下痢や便秘など「お通じ」に関する悩みに焦点を絞り紹介しております。
主に、食べ物、飲み物による療法で、材料は家庭にある野菜や野山の草木などを用います。
また、その作り方やレシピも併せて紹介しています。

■ 便秘にセンナの葉を

センナは、熱帯地方のマメ科の植物で、

ヨーロッパやアジアでは便秘に効く民間薬として広く知られています。


日本では、ほとんど知られていませんが、インドなどから輸入されています。

【作り方】
1.センナの葉をひとつかみ(約2g)を湯飲みに入れます。

2.それに熱湯を注ぎふたをし、冷めたらできあがりです。


この上澄み液を一気に飲むことを繰り返すと、自然に便通があります。

【留意事項】
煎じたり、刻んだりすると強すぎて腹痛を起こすおそれがありますので気をつけましょう。

 HOME 前へ 次へ