「おつうじさん」は、昔から伝わる民間療法のうち、
下痢や便秘など「お通じ」に関する悩みに焦点を絞り紹介しております。
主に、食べ物、飲み物による療法で、材料は家庭にある野菜や野山の草木などを用います。
また、その作り方やレシピも併せて紹介しています。

■ 下痢に大麦の黒焼きを

大麦の実を、殻のついたまま黒焼きにし、

重湯(おかゆの上澄み)と一緒に、便が黒みを帯びるまで飲み続けます。


また、こどもの下痢には、大麦で作ったカンザラシ粉とクズ粉を混ぜ、

スプーン一杯を白湯で飲ませるとよいでしょう。


 HOME 前へ 次へ