「おつうじさん」は、昔から伝わる民間療法のうち、
下痢や便秘など「お通じ」に関する悩みに焦点を絞り紹介しております。
主に、食べ物、飲み物による療法で、材料は家庭にある野菜や野山の草木などを用います。
また、その作り方やレシピも併せて紹介しています。

■ 下痢に生卵入り番茶を

お茶に含まれているタンニンは胃腸を収縮させる効果がありますので、

下痢のときは、濃いめのお茶を飲みましょう。

お茶は、カフェインの少ない番茶がよいでしょう。


また、生卵にお茶をかけて飲むのも効果があるといわれています。

何となく気持ち悪い気もしますが、簡単な方法ですので一度試してください。

 HOME 前へ 次へ