はじめての薩長同盟
シナリオ解説
第一幕
「日本のために頑張るぞ!」
第二幕
「大阪薩摩屋敷」
第三幕
「亀山社中」
第四幕
「薩長同盟・ドタキャン編」
第五幕
「薩長同盟・挽回編」
第六幕
「薩長同盟・成立編」
思想解説
幕末思想解説
幕末思想年表
参考資料
幕末志士生没年表
当サイトは、薩長同盟に至ったプロセスを比較的簡単な内容の会話形式で紹介する「シナリオ解説」、及び、少し踏み込みペリー来航から薩長同盟締結に至るまでの心のうちを探る「思想解説」の二段構えで、幕末の歴史を一気に加速させることとなった「薩長同盟」を解説していきます。
登場人物
幕府・勝海舟
土佐・中岡慎太郎
土佐・坂本龍馬 薩摩・西郷隆盛 長州・桂小五郎
第四幕 「薩長同盟・ドタキャン編」

「亀山社中」を設立し龍馬は、留守を仲間に任せ、長州へ向かった。

目的はもちろん、桂小五郎を「おとす」ためである。
桂小五郎は、池田屋事件後、長州に戻り挽回の機会をうかがっていた。

坂本さん、しばらく。
こちらこそ、しばらくです。
池田屋事件じゃ大変じゃったのう。
さっそくですまぬが、坂本さん。
薩長同盟の話じゃが。
西郷さんが是非会いたいと。
しかし、薩摩はどうも信用できん。
しかし、このままじゃ、長州は幕府にたたかれて滅びますぜよ。
し、しかし・・・・・。
今、中岡慎太郎が西郷さんを連れて
この長州に向こうとりますきに。
本当か!
よし、会うだけ会ってみよう。
薩摩の船が着いたとの知らせが入る。
そうか、来たか!
これで薩長同盟はできたも同然じゃ。
幕府を倒せるぞう!
坂本さん、確かに薩摩の船だが、
なぜ船は港に入らん。
確かに。
しかし、なんか小舟が来とるぞ。
まだ、よく見えんが、あれはおそらく中岡だ。
しかも笑顔だ!
ん、しかし坂本さん。
西郷さんらしきお方は乗っておらんようじゃが。
小舟到着。
・・・・・・。(注:顔は笑ってますが怒ってます)
西郷さんは?
西郷は来ん!
大阪へ急用ができたので、わしだけでやってきたんだ。
(注:顔は笑ってますが怒ってます)
戻る  次へ