【幕末志士生没年表】
〜土方歳三と坂本龍馬は同期だった〜

いずれも歴史に名を残す志士たちですが、その最期は様々です。

・時勢に逆らい志を貫いたがために戦死した土方歳三
・時勢に乗るも志を貫いたがために暗殺された坂本龍馬
・志半ばで病死した沖田総司
・時勢に乗り長年生き抜いた勝海舟
・賊軍としての最期を避け時勢に身を委ね生き抜いた徳川慶喜

長生きした志士もいますが、それは結果論。どの志士たちも常に死と隣り合わせだったはず。
多くの志士は30代前後という若さで最期を迎えています。
反面、土方歳三などは、あれだけ喧嘩(戦い)を繰り返しながらよく35歳まで生きられたなと思ったりします。

1830年代 1840年代 1850年代 1860年代 1870年代 1880年代
近藤勇 天保5年(1834)〜慶応4年(1868)/35歳(死罪)
土方歳三 天保6年(1835)〜明治2年(1869)/35歳(戦死)
沖田総司 天保13年(1842)〜慶応4年(1868)/27歳(病死)
永倉新八 天保10年(1839)〜大正4年(1915)/77歳
原田左之助 天保11年(1840)〜慶応4年(1868)/29歳(戦死)
斎藤一 天保15年(1844)〜大正4年(1915)/72歳
藤堂平助 弘化元年(1844)〜慶応3年(1867)/24歳(粛清)
井上源三郎 文政12年(1829)〜慶応4年(1868)/40歳(戦死)
山南敬介 天保4年(1833)〜元治2年(1865)/33歳(粛清)
芹沢鴨 文政10年(1827)〜文久3年(1863)/37歳(粛清)
新見錦 天保7年(1836)〜文久3年(1863)/28歳(粛清)
伊東甲子太郎 天保6年(1835)〜慶応3年(1867)/33歳(粛清)
坂本龍馬 天保6年(1835)〜慶応3年(1867)/33歳(暗殺)
西郷隆盛 文政10年(1827)〜明治10年(1877)/51歳(自害)
桂小五郎 天保4年(1833)〜明治10年(1877)/45歳(病死)
高杉晋作 天保10年(1839)〜慶応3年(1867)/29歳(病死)
ペリー (1794)〜(1858)/65歳
吉田松陰 天保元年(1830)〜安政6年(1859)/30歳(死罪)
井伊直弼 文化12年(1815)〜万延元年(1860)/46歳(暗殺)
勝 海舟 文政6年(1823)〜明治32年(1899)/77歳
徳川慶喜 天保8年(1837)〜大正2年(1913)/77歳
伊藤博文 天保12年(1841)〜明治42年(1909)/69歳
清川八郎 天保元年(1830)〜文久3年(1863)/34歳(暗殺)
榎本武揚 天保7年(1836)〜明治41年(1908)/73歳


トップ