【親書の内容と交渉術】
〜フィルモア大統領の親書の内容と日本人を研究していたペリーの交渉術とは〜

1.親書の内容
内  容
先の捕鯨船乗員組員の引き渡し
自由貿易
アメリカ・清(中国)間の貯炭所設立の要求

2.宛先
日本皇帝、つまり将軍。

3.ペリー流交渉術
1846年、東インド艦隊司令官ビットルが浦賀に来航し開国を要求しましたが、幕府に拒否され失敗するという経緯がありました。

その失敗からペリーは、日本の研究を重ねた結果、下記のような方法を用いました。
方 法
親書は高級官僚に渡さなければならない
日本人は「権威」によわいので、決して下手に出ず、威厳をもって交渉を進めなければならない
ペリー本人がやすやすと姿を見せない
交渉は艦隊の参謀もしくは息子に当たらせる

幕府は最初、交渉の使者として浦賀奉行所与力香川栄左衛門と中島三郎助を派遣しましたが、役不足とみて親書は渡しませんでした。

結局、久里浜において浦賀奉行所戸田伊豆守(とだいずみのかみ)に手渡されましたが、ペリーはすぐに返答を求めず「明春、また来る」と予告し、日本から去っていきました。



トップ