【徳川歴代将軍の暗記法】
〜わたしはいつもこんな方法で暗記しています〜

1.徳川歴代将軍の暗記法
妻: 家安っ、ひでー、ただみたい。
いえやすっ、ひでー、ただみたい
夫: とりあえず家3つ買って、綱で家つないでおくか。
とりあえずいえみっつかって、つなでいえつないでおくか
妻: 綱よしなよ、家の分なんてないし。
つなよしなよ、いえのぶんなんてないし
夫: まあ家継ぐから買わなくていいか。よし胸さわらせろ。
まあいえつぐからかわなくていいか。よしむねさわらせろ
妻: あの茂みにテント張るなり。
あの(いえしげみにてんと(いえはるいえなり
夫: よし、さあ、ダッコするから、もうちょっとこっちに来いよ、しのぶちゃん。
いえよし、いえさあ、だっこするから、(いえもうちょっとこっちにこいしのぶちゃん。


2.徳川歴代将軍一覧

名前 在職期間
徳川家康(いえやす) 1603〜1605
徳川秀忠(ひでただ) 1605〜1623
徳川家光(いえみつ) 1623〜1651
徳川家綱(いえつな) 1651〜1680
徳川綱吉(つなよし) 1680〜1709
徳川家宣(いえのぶ) 1709〜1712
徳川家継(いえつぐ) 1713〜1716
徳川吉宗(よしむね) 1716〜1745
徳川家重(いえしげ) 1745〜1760
10 徳川家治(いえはる) 1760〜1786
11 徳川家斉(いえなり) 1787〜1837
12 徳川家慶(いえよし) 1837〜1853
13 徳川家定(いえさだ) 1853〜1858
14 徳川家茂(いえもち) 1858〜1866
15 徳川慶喜(よしのぶ) 1866〜1867

トップ