【天然理心流の大奉納額】
〜大扁額の大きさとは?〜

巨大かつ短命だった大奉納額
近藤周助、勇親子は、府中の六所宮(現在の大国魂神社)に、天然理心流の大扁額を奉納しました。このとき奉納された大扁額は、わずか七年半後、府中を通過した官軍に処分されてしまいましたが、その大きさはタテ330cm×ヨコ633cmという(たたみ十三畳)巨大なものでした。

※扁額とは門戸や室内に掲げる横に長い額
※奉納された大扁額=大奉納額



トップ