【将軍上洛の警護のため浪士募集】
〜集めた幕府と清河八郎、集められた江戸の浪士、しかしそれぞれの思惑は全然違うものだった〜

1.なぜ上洛?
幕府は、和宮降嫁による公武合体の交換条件として攘夷決行を約束していました。しかしなかなか実行に移さない幕府に朝廷はいらだちをみせはじめます。

このような状況のもと、勅許を携えた島津久光らによる文久の改革で幕府は「将軍家茂が上洛し、攘夷について討議する」ことを約束します。さらに同年「一刻も早く攘夷を決行するように」と念を押す使者が朝廷から送られます。

ここまで催促されると何かしら返答を出さなければならなくなり、将軍家茂は攘夷決行について今後の方針を検討するため上洛することになりました。

しかし、京都では「天誅」と称する倒幕を志す過激尊王攘夷派が佐幕派の者たちを斬りまくり、もはや幕府の治安維持能力では手がつけられないほど悪化していました。


2.清河八郎の提案
そのような状況から幕府は、将軍上洛に際し何らかの警護団を同行させる必要がありました。

そこに登場したのが清河八郎です。
彼は幕府に対し、

「江戸周辺の浪士を集めて警護団に仕立て上げてはいかがか?」
「将軍不在で警備の手薄となる江戸からは浪士もいなくなり一石二鳥ですよ」


と提案し、幕府はこの妙案に飛びつき(だまされ)ました。



3.清河八郎の野望
清河八郎は熱烈な尊王攘夷思想者で、朝廷の名のもと自分が中心となり攘夷を行う集団をつくりたいと思ってました。

そのとき将軍上洛の話を聞いた清河は、上記のような提案をし幕府の投資でつくろうと画策しました。そして見事成功したのでした。


4.思惑ばらばら浪士組
人前では浪士組のことを「攘夷のために上洛する将軍を警護する」と言っていましたが、それぞれの思惑は違っていました。

本来の目的
(公武合体/尊王攘夷佐幕)
・攘夷のために上洛する将軍を警護する
幕府閣僚の思惑
(公武合体/尊王開国佐幕)
・攘夷と銘打ってるが現実的に不可能
・とりあえず将軍が無事であればよい
・京都の浪士を鎮圧できてラッキー
・江戸から浪士がいなくなってラッキー
清河の思惑
(尊王攘夷倒幕)
・朝廷の名のもと自分主導で攘夷を決行する
・攘夷決行の部隊は幕府の金で集める
・将軍の警護なんてどうでもいい
近藤勇の思惑
(公武合体/尊王攘夷佐幕)
・幕府がついに攘夷を実行しそれに参加できる
・幕臣に取り立てられる可能性がある
・お金がもらえる


トップ