【孝明天皇、下鴨・上賀茂両社に行幸し攘夷祈願】
〜同行した将軍はどのような気持ちで天皇と話したのでしょうか〜

孝明天皇は攘夷祈願のため、将軍はじめ諸大名を従え、下鴨、上賀茂神社に行幸して攘夷を祈願しました。天皇在位中の行幸は200余年ぶりのことで沿道には数万という人出があったそうです。

天皇は食事をする際、将軍家茂を召して、御膳から数種を選んで分け与え、いろいろ話をしたそうですが、攘夷など実は不可能であるなどとは間違ってもいえない気まずいが目に浮かびます。


トップ