【清河八郎ら浪士組江戸に帰る】
〜芹沢・近藤は残留したものの、ほぼ予定通りに事が進んだ清河八郎〜

幕府も帰還命令を出す
朝廷より尊王攘夷集団として認められた後、清河八郎は「江戸に帰還して攘夷戦に備える」という建白書を提出しました。
そしてその建白書に勅許が下されます。

幕府は、江戸に帰還せよという勅許が下された以上、実質清河の指揮下に入った浪士組を京都に残留させる危険性を感じ、江戸帰還命令を下すことになります。


トップ