【清河八郎暗殺と新徴組】
〜志半ばにして〜

攘夷決行二日前に暗殺
江戸に戻った清河八郎は、横浜の外国人居留地を襲撃する計画を立てます。
しかし、その二日前、知人宅からの帰り道に幕臣で浪士組取締役だった佐々木只三郎らによって暗殺されてしまいます。

清河のいなくなった浪士組は「新徴組」として庄内藩に委任され、江戸市中の警備にあたることとなりました。


トップ