【芹沢鴨暗殺】
〜土方歳三の大作戦(仕上げ)〜

1.暗殺犯を仕立て上げる
後日、芹沢、平山の葬儀が営まれました。

式場では「刺客が忍び込んだ。おそらく長州の奴らだ」との噂が流れ、
さらに「熟睡中とはいえ、あの芹沢先生を殺した上、証拠一つ残さず去ったのは敵ながら天晴れな奴だ」と口にするものいました。

この噂は、自分たちに疑いがかからないよう意図的に流したものだと推測できます。


2.芹沢鴨暗殺事件、幕を閉じる
さらに、近藤たちは、かねてから長州の間者(スパイ)と目星をつけていた御倉伊勢武・荒木田左馬之助・楠小十郎を犯人に仕立て上げ、永倉新八らに殺害させました。

こうして、芹沢鴨暗殺事件は完全に幕を閉じたのでした。


トップ