【佐久間恪二郎】
〜あの人と繋がりがあった〜

土方歳三の手紙
土方歳三は、京都において暗殺された佐久間象山の遺子・三浦敬之介(佐久間恪二郎)を新撰組が預かっていることを書簡にて勝海舟に知らせました。

なぜかと言えば、三浦は、勝海舟の義理の甥だったからです。

土方は、文武を極め、国家のために尽力することが仇討ちになることを三浦に教論していると伝えました。

トップ