【新撰組幕臣取り立て】
〜ついに念願叶う〜

幕臣取り立て受領
この日、新撰組総員に幕臣取り立ての内示がありました。
局長の近藤勇は「見廻組与頭格」、これは将軍にお目見えすることができる格式です。これにより近藤勇は、直参旗本となりました。幼い頃から夢見ていた立身出世が、この幕臣取り立てでかなったのでした。

副長の土方歳三は、将軍にお目見えできないものの「見廻組肝煎格」、沖田ら副長助勤は「見廻組格」となりました。

新撰組はこれを受けることを決めました。
新撰組にはこれまで幕臣取り立てについて打診されながら隊内の大半を占める尊王攘夷思想者を考慮し受け入れなかった過去がありましたが、これにより尊王攘夷集団新撰組は自他とも認める完全な佐幕派の一員となりました。

トップ