【坂本龍馬暗殺】
〜敵が増えすぎた龍馬〜

近江屋で暗殺事件
大政奉還は理想的な国政改革でしたが、これにより幕府を倒されてしまった佐幕派、徳川を完全に排除できない倒幕派それぞれが不満を募らせる結果となり、その提唱者である龍馬は暗殺の対象となってしまいました。

そして、京都四条河原の近江屋に身を潜めていた龍馬は、たまたま居合わせた中岡慎太郎とともに暗殺されてしまいます。このとき2人は、三条制札事件で新撰組に逮捕された土佐藩士の取り扱いについて話し合っていたといいます。

当時、犯人が四国言葉を使ったということだけで原田左之助の名前があがり、龍馬に恨みを持つ三浦休太郎に雇われた新撰組ではないかとされていましたが、後の証言などから現在は、佐々木只三郎ら見廻り組とされています。また、近江屋に潜伏していることを密告したのは、薩摩藩であったともいわれています。


トップ