【土方歳三と勝海舟との会談】
〜必死の土方歳三、かわす勝海舟〜

土方歳三の政治工作
流山で近藤勇を出頭させた土方歳三は、新撰組本体を会津に向かわせた後、自らは救出工作のため江戸に潜入します。

そして、勝海舟らと面会し、近藤勇の早期釈放を働きかけました。

その時勝海舟は、
1.新政府軍を刺激しないこと
2.江戸周辺で暴発しないこと
を条件に救出を約束したと言われています。



トップ