【原田左之助の最期】
〜彰義隊に参加した原田左之助〜

原田左之助、戦死
原田左之助は新撰組を去った後、永倉新八とともに靖共隊(せいきょうたい)を結成しました。

しかし、その後、「用事をすませて直ぐ戻る」といって隊を離れていきました。
理由は定かではなく、靖共隊に戻ることもありませんでした。

そして原田左之助は、経緯は不明ながらも彰義隊に身を投じています。

彰義隊とは、上野寛永寺に謹慎する徳川慶喜の警護と江戸の警護を名目に幕臣により結成された組織で、慶喜が水戸に去ってからも寛永寺に屯集していました。

この日、彰義隊は新政府軍より攻撃を受け、その一員として参加していた原田は被弾。
その後、安全な場所に移された原田でしたが、1日中苦しんだ末、死亡したといいます。

トップ