昔話よしつね
むかーしむかし、鎌倉というところに、よりともというお兄さんがおりました。
よりともは川へ戦闘にでかけました。
すると、川のむこうから、ちいさな男の子がどんぶらこどんぶらことやってきました。
よりともは、その男の子を呼び、名前を聞いてみると、なんと弟のよしつねでした。
そして、ふたりはいっしょに暮らすことになりました。

おおきくなったよしつねは、「お兄さん、ぼくは、わるい平氏鬼を退治しに京都にいくよ」といいでかけました。
とちゅう、がんこオヤジが、おともをするから、きびだんごをちょうだいといってきました。
でも、よしつねは、ぼくひとりでやっつけるから、よけいなくちだしはするなとことわりました。

京都についたよしつねは、逃げる平氏鬼を壇ノ浦というところまで追っかけていきました。
よしつねはとても強かったので、平氏鬼をどんどん退治していきました。
平氏鬼は、もうゆるしてといいましたが、ようしゃなく退治しました。

平氏鬼を退治したよしつねは、自分はすごいんだぞ思いはじめました。
でも、よりとも兄さんは、自分のほうがすごいんだぞと思っていたので、おこりました。
よしつねは、よりとも兄さんがなんでおこっているのかわかりませんでしたが、とりあえずあやまりました。
でも、よりとも兄さんのいかりはおさまりませんでした。
そして、自分以外にすごいのはいらないと思い、よしつねを殺してしまおうと思いました。

それを知ったよしつねは、しかたなく、よりとも兄さんと戦うことにしました。
でも、ひとりでは勝てないと思ったので、犬、サル、キジに手伝ってくれといいました。
犬、サル、キジは、よしつねを手伝いました。
それを知ったよりとも兄さんは、犬、サル、キジによしつねを手伝ったら殺すぞといいました。
犬、サル、キジは、よりとも兄さんのほうがこわかったので、よしつねを裏切り、殺してしまいました。

犬、サル、キジは、よしつねを殺したので、よりとも兄さんからきびだんごをもらえる思ってました。
でも、よりとも兄さんはそんな犬、サル、キジを殺してしまいました。
おしまい。


HOME