1159年 義経京都に生まれる
ポイント箇条書き
時代は、平清盛率いる平氏全盛期。
そんな中、義経(滝沢秀明)は京都に生まれる。
この時の名前は、牛若。
父は清和源氏の嫡流、源義朝
母は源義朝の側室、常盤御前(稲森いずみ)
常盤御前は、ものすごく美しかった
いい国つくろうの源頼朝(中井貴一)は、腹違いの兄にあたる。
義経誕生後、父・源義朝は、平氏に戦い(平治の乱)を挑むも失敗。義朝と兄たち(頼朝ら3人)は、常盤と義経たちを残し東国へ逃げる。
頼朝はまだ14歳だったので伊豆に流されるだけで済んだが、義朝や2人の兄たちは、平家に討ち取られた。
※嫡流(ちゃくりゅう):本家の家筋
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME >源義経の通史−ページ番号:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29