1160年(2歳) 常盤、平清盛のもとに出頭し対面
ポイント箇条書き
平氏が、常盤や義経(牛若)らを探し始める。
平氏は、常盤の家に残っていた常盤の母・関屋を連行し拷問にかける。
これを知った常盤は、苦悩の末、義経(牛若)らを京都に連れて帰り平氏のもとへ出頭。
そこで平清盛と対面、義朝の遺子たちを伴い来たことを告げ、母親の命を助けてくれるよう嘆願する。
清盛は、常盤の話に涙。さらに常盤の美しさに心を奪われ、自分のそばにいることを条件に、母、常盤親子とも赦免される。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME >源義経の通史−ページ番号:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29