1174年(16歳) 義経の元服と伊勢三郎との出会い
ポイント箇条書き
鞍馬寺を飛び出した義経(遮那王)は、その夜のうちに東海道・近江の宿に到着する。
そこで強盗に襲われるが、義経は、片っ端から斬り倒し、自分の力を平氏にアピールするため、その旨を書いた木札とともに討ち取った5つの首をさらす。
その後、その近江で、あるいは熱田神宮で元服し、名前を義経とする。
また義経は、この奥州への移動中、伊勢三郎(南原清隆)を家来にしている。
大河ドラマでは、伊勢三郎が美濃青墓で義経一行を襲撃するも、返り討ちにあい、命を助けてもらったことを機に家来になっている。
極端だが、義経は奥州には行かず、上野国の伊勢三郎のもとに身を寄せていたという説もある。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME >源義経の通史−ページ番号:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29