1181年(23歳) 義経と頼朝の意識がずれはじめた大工の馬事件
ポイント箇条書き
義経とともに鎌倉に戻った頼朝は、着々と幕府の政治体制を整えていく。
頼朝は、組織統制のためには、自分だけが源氏の嫡流でトップであることを御家人に認識させる必要があると考えていた。したがって、義経であろうと御家人であろうと同じレベルで扱おうとした。
頼朝は、この考えを御家人に示すため、大工への褒美として与える馬の引き役を義経に命じたが、義経はこれを辞退。普通、馬は2人1組で引き、こうなると、そこにいた御家人の中で、自分の身分とつり合う者がいないと考えたためである。これに対し頼朝は激怒。結局、義経は他の御家人とともに馬を引いた。
義経には、「頼朝の弟」という自負があり、また、政治的な経験がない義経にとって頼朝の真意を見抜ける力もなかった。そしてこのずれが後の悲劇の一因となった。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME >源義経の通史−ページ番号:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29