1183年(25歳) 義経、木曽義仲の動向を探るため伊勢へ向かう
ポイント箇条書き
頼朝挙兵と同じ頃、信濃から挙兵した頼朝の従兄弟・木曽義仲(小澤征悦)は、破竹の勢いで平氏軍を破っていく。そして平氏を京都から追い出すことに成功する。
疲れ果て腹をすかせた義仲の軍兵は、京都やその周辺で飢饉に苦しむ人々に略奪や暴行を繰り返したため、義仲の人望は次第に失われていった。
後白河法皇以下、京都の貴族は頼朝上洛を望むようになり、また頼朝も義仲は源氏の恥と思っていたため、さっそく義経を伊勢に派遣しまずは動向を探ることにした。義経は、これが最後の鎌倉になりました。
義仲は平氏追討のため西国にいたが義経が来ることを知りあわてて京都に戻る。その時既に西国では平氏軍に連戦連敗し勢いは止まっていた。あせった義仲は焼き討ちや法皇の幽閉といったクーデターを起こすが評判はさらに悪化。窮地に追い込まれた義仲は、頼朝を討つため平氏に和平を申し入れるが断られ、これに怒った家来の中には謀反を起こすものもいた。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME >源義経の通史−ページ番号:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29