1184年(26歳) 一ノ谷の戦い〜鵯越の逆落とし〜
ポイント箇条書き
頼朝と義仲が対立している間、平氏は勢力を盛り返し、一ノ谷に主力部隊を配置した。
義経と範頼は後白河法皇から平氏追討の院宣を受け一ノ谷に向けて出陣。範頼率いる一万余軍は、生田の森正面へ。一方義経は三千余騎を従え一ノ谷の後方に進んだ。
義経は、途中、三草山での戦いを夜襲により制し、一ノ谷平氏本陣の背後、鵯越に兵を進めた。しかし、そこは人馬が駆け下りることは不可能と思われる岩壁の頂上だった。
しかし、義経は、自分を手本にせよと言い、先頭をきって駆け下った。それに続いて大勢が一気に駆け下った。これが世に言う「鵯越の逆落とし」という奇襲戦法である。「鹿が降りられるところを馬が降りられないはずはない」といったエピソードも有名。
その頃下では、範頼軍が攻めていた。そこへ義経軍が不意をついて下りてきたため、平氏軍は混乱。安徳天皇をはじめ平氏軍は沖の船に逃れ、屋島へと敗走を始めた。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME >源義経の通史−ページ番号:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29