1184年(26歳) 義経の左衛門尉・検非違使任官に頼朝またも激怒
ポイント箇条書き
次は水軍戦になることを予想した頼朝は、平氏を追撃しなかった。頼朝は水軍を整えるため合戦を中断させる。
義経は京都に、範頼は鎌倉に凱旋する。頼朝は、義経に京都の警備を命じる。一方範頼は、頼朝の推薦により朝廷から官職を授かる。
義経は、京都で、近畿地方の武士の組織化や治安維持、訴訟の処理など仕事を行った。その間、義経は、頼朝のはからいで河越重頼の娘(尾野真千子)と結婚する。
後白河法皇に気に入られた義経は、左衛門尉・検非違使に任命される。頼朝は組織統制のため許可なく官位を得ることは禁止していたが、義経は、許可なく任官してしまう。
左衛門尉・検非違使の任官は、義経が京都に居続け、法皇の側近になることを意味していた。当然、幕府の仕事はできない。頼朝は、勝手に任官したこともさることながら、その官職の内容、そして、いまだに自分の考えを理解できない義経に対し、またしても激怒した。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME >源義経の通史−ページ番号:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29