1185年(27歳) 壇ノ浦の戦い
ポイント箇条書き
水軍の準備を整えた義経は壇ノ浦に向かった。一方平氏もそれを迎え撃つべく壇ノ浦へ向かった。
開戦を前に、梶原景時が「私に先陣を」と申し出るが、義経は「私が先陣だ」と断る。さらに梶原は「大将なので控えてください」と言うと、義経は「大将は鎌倉殿(頼朝)、あなたと同じ立場だ」と言い返す。今度は、太刀に手がかかるほどの口論となった。
壇ノ浦の戦いが始まり、平氏の猛攻に一時後退するものの、田口重能の裏切りで形成は逆転する。その後、義経が討ちとられそうになる場面もあったが、有名な「義経の八艘飛び」で敵の攻撃をかわした。
ついに平氏は追いつめられ、もはやこれまでと覚悟した平清盛の妻時子(松坂慶子)は、安徳天皇、三種の神器とともに海中に身を投げ、平氏は滅亡した。
見事に平氏を滅ぼした義経だったが、三種の神器のうち剣を失うという大きな手落ちがあった。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME >源義経の通史−ページ番号:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29