1185年(27歳) 義経の弁明〜腰越状〜
ポイント箇条書き
頼朝の怒りを知った義経は、頼朝を裏切る気持ちなどないと誓う弁明書を鎌倉に送る。しかし、頼朝は、今まで報告を怠っておきながら、こんな時だけ、しかもたった一通の弁明書で解決できると考えている義経に対し、さらに怒りを強める。
文書が鎌倉に届いたその日、義経は、平氏一族の長である平宗盛(鶴見辰吾)を護送し鎌倉に向かう。義経は、鎌倉に着くことには誤解は解けており、功績を褒めてくれると期待していた。
義経は、まもなく鎌倉に入ると頼朝に使者を走らせたが、頼朝の返事は「まだ鎌倉に入ってはならぬ。しばらくその辺で待機するように」というものだった。義経は、頼朝の怒りが本物であることを痛感する。
義経は、鎌倉の一歩手前の腰越で待機したが、いつまでたっても返事がなかったため、もはや修復不能と判断。そこで一通の書状をしたため頼朝に差し出した。これが有名な「腰越状」である。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

腰越状
兄上様

わたしは、父上のご無念を晴らすため、
兄上のご命令に従い、命を惜しまず平氏と戦ってきました。

ところが、他人の悪口のために、兄上がお怒りになり、
今は、涙にくれています。

兄上に逆らう気持ちなどありません。
どうか、わかってください。
九郎義経
※原文はもっと長く、難しい内容です。
※古典をバンバン読める方は「平家物語」などでお楽しみください。

HOME >源義経の通史−ページ番号:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29