1185年(27歳) 義経、頼朝追討決意
ポイント箇条書き
源行家の謀反を止めようとした義経は、後白河法皇に相談する。しかし法皇は「必ず行家を止めよ」と指示する。
再度法皇を訪ねた義経は、行家を制止したが、行家の言い分には筋が通っているので、自分も同意したことを告げる。さらに頼朝が刺客を差し向けている情報をつかんだ義経は、頼朝追討の宣旨を下すよう法皇に迫る。法皇は、それでも行家制止に向けて義経をなだめたため、一度身を引くが、既に義経の覚悟は決まっていた。
三度法皇を訪れた義経は、もし、頼朝追討の宣旨を下さないのであれば、天皇、法皇以下、公家たちを引き連れ九州に向かい、そこで挙兵すると告げた。
法皇は、義経・行家に強要される形で、宣旨を下さなければならない状況に追い込まれていった。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME >源義経の通史−ページ番号:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29