1185年(27歳) 義経への刺客・土佐房昌俊
ポイント箇条書き
頼朝は、土佐房昌俊を刺客として送り込み、義経を暗殺しようと決意する。
昌俊は、寺参りを装って義経をだまし討ちにする計画であった。しかし、この計画を耳にした義経は、家臣に昌俊を捕ら連行するよう指示を出した。
義経のもとに連行された昌俊は、頼朝に命じられて熊野参詣に行くだけだと必至に弁明。義経もこれを信じ許した。
しかし、昌俊は、疑いが晴れた直後こそチャンスとばかりに、この日の深夜、義経邸に奇襲をかけた。義経は、家臣とともにこれを迎え撃ち、撃退した。この後、昌俊は鞍馬に逃げ込むが捕らえられ、六条河原で斬首された。
義経は、ただちに後白河法皇のもとに行き、自分が無事であることを報告して上で、頼朝追討の宣旨を願いでた。この暗殺事件を重くみた法皇は、ついに頼朝追討の宣旨を下した。
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOME >源義経の通史−ページ番号:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29