どっちのシナリオショー/脚本家のご注文はどっち?
 義経はどうやって自分の身の上を知ったのか?
第3回放送より 
鞍馬寺を訪れた新宮十郎義盛(源行家)から、身の上を知らされた。その際、新宮十郎義盛は系図も使って説明した。
11歳になったとき、系図を探し出し、自分が源義朝の子供であると知った。(平治物語)
少進房という僧によって、身の上を知らされた。(義経記)

 義経は鞍馬山で誰に兵法を習ったのか?
第4回放送より 
鬼一法眼に習った。最後に天狗を登場させることで、天狗説もカバーした。
自主トレ。
鞍馬天狗に習った。
源氏に味方する山伏に習った。
鬼一法眼という陰陽師に習った。

 どうやって鞍馬山を出るきっかけを作ったのか?
第6回放送より 
清盛の福原遷都の動きに、平氏が交易を独占するのではないかと考えた金売り吉次は、それを抑止するきっかけとして鞍馬寺に行き義経に接触、奥州行きを提案した。もちろん交易がどうこうという本音はいわず、安心できる場所であること、先祖ゆかりの地であることなどを理由に説得。
たまたま鞍馬寺で参詣してた金売り吉次と出会い、義経のほうから「奥州にいけば、ゆゆしき者(藤原秀衡)を知っている。その人から黄金をもらってやるから、一緒に連れていってくれ」と頼んだ。(平治物語)
義経を主人に迎え奥州を支配したい藤原秀衡の考えを知った金売り吉次が、褒美目当てで義経に接近。ちょうど義経も平氏を打倒する味方が欲しかったのでその話に乗った。(義経記)
清盛の福原遷都の動きに、平氏が交易を独占するのではないかと考えた金売り吉次が、それを抑止するきっかけとして義経に接触したという。

 どこで元服したか?
第9回放送より 
尾張にたどり着いた義経は、この尾張が父・義朝が最期を迎えた地と知り元服することを決めました。
放送を見る限り、熱田神宮ではなく、その日、宿泊した場所。
つまり、近江の宿の「宿」と熱田神宮がある「尾張」をミックスさせた形となりました。
近江の宿。
熱田神宮。(義経記)

 どのようにして奥州平泉まで行ったのか?
第9,10回放送より 
途中、危険な陸路を避け、海路を進んだものの基本的に一直線で平泉に行きました。
一直線に奥州平泉を目指す。
途中、伊豆の頼朝と対面した後奥州平泉を目指す。(平治物語)
片田舎に身を隠すなど、諸国を流浪しながら奥州平泉にたどり着いた。(腰越状)
そもそも奥州平泉には行かず、上野国の伊勢三郎のもとに身を寄せた。(源平盛衰記)

 奥州藤原秀衡は義経をどのように迎えられたのか?
第10回放送より 
最初は警戒し、後に心を許すパターンでした。
来ることを望んでいたので歓迎した。
波風を立てない平和な暮らしを望んでいたため、いきなりやってきた義経に対し冷淡な態度をとった。
かつてお世話になった源氏の御曹司ということで、歓迎せざるを得なかった。

 弁慶といつ知り合ったのか?
第4回放送より 
鞍馬寺にいる遮那王時代(11歳)に出会った。
平泉で暮らしていた時(16〜22歳)、平家打倒のためには京都の情勢を知る必要があると考え、ひそかに京都へ潜入、その時弁慶に出会った。
鞍馬寺にいる牛若丸・遮那王時代(7〜16歳)に出会った。

 弁慶との対決シーンで華麗に舞う義経の飛び方は?
第5回放送より 
ワイヤーアクション+飛んだ瞬間の映像からすぐ着地する瞬間の画像に切り替える手法。
運動エネルギーという点から考えると、飛んだ瞬間の速度が一番速いはずだが、さすがワイヤーアクション。
ロケットエンジンのように飛んでから加速します。
飛ばない。
飛んだ瞬間の映像からすぐ着地する瞬間の画像に切り替え、いかにも飛んだように見せる手法。
逆再生で高く飛んだように見せる、いわゆる水戸黄門の弥七戦法。
ワイヤーアクション。
フルCG。
替え玉。
人形。

 義経は弁慶のどこを攻める?
第5回放送より 
最後にスネを一発、勝負あり。それにしても、本当にスネを攻めるとは。
スキがあるところを攻める。
スネばかり攻める。

 挙兵した頼朝のもとへ向かう義経に対し、藤原秀衡の対応は?
第14回放送より 
秀衡は最初は義経の参加を認めませんでしたが、義経の決意を聞いて納得。
義経出発直後、佐藤継信・忠信兄弟は秀衡の許可を得て後を追い合流。
秀衡は義経の参加を積極的にすすめ、300騎を提供した。(義経記)
秀衡は義経の参加を止め、それに対し義経はこっそり出発。これを知った秀衡は、もはや引き止めることはできないと悟り、佐藤継信・忠信兄弟にあとを追わせ、合流させた。(吾妻鏡)

 一ノ谷の戦いで「鵯越の逆落とし」を決断させた根拠は?
第27回放送より 
2番目の源平盛衰記を採用しました。
10頭程度の馬を単独で下らせ実験したところ、3頭が無事着地。これを見た義経が「乗り手が気をつければ下りられる。私を手本についてこい」といって真っ先に下っていった。(吾妻鏡)
案内人から、「まれに鹿がここから下りて通る」という話を聞いた義経が「鹿が下りられて、馬が下りられないはずはない」とし駆け下りた。(源平盛衰記)
途方に暮れていたところ、鹿が下りていくのを見た義経が「鹿が下りられて、馬が下りられないはずはない」とし駆け下りた。

 「鵯越の逆落とし」の場面は?
第27回放送より 
映像から一ノ谷の地形をまとめると、上部は斜面、下部は断崖絶壁という感じです。
最初の斜面の部分は、勾配が緩いロケ地で撮影した映像に差し替えたようですが、確かに本当に下りていました。
しかし、最後の崖の部分はどうするのかな?と思った瞬間には、もう下に到達していました。
上で「おれについてこい」といい、次の場面ではもう下にいる。
馬の足元と義経のアップだけで、決して全体を映さない。
本当に下りる。
馬ごとワイヤーアクション。
フルCG。
模型。

 義経の任官に頼朝が激怒した理由は?
第29回放送より 
少なくとも義経は、無断で任官したらまずかろうということは、わかっており、その旨を告げたものの、
なぜ法皇が頼朝の許可を得なければならないのかという正論に反論できず、やむを得ずといった状況だった。

しかし、そんな状況は一切考慮せず、頼朝は激怒してしまった。

では、あの状況で、義経はどうすればよかったか?
法皇の命を拒絶すべきだったのか?
あの状況でそんなことが許される時代なのか?

報を受けた鎌倉では、
政子が「九郎殿は甘い」と言ったり、
頼朝が「何故、事が見えぬのか」と言ったりしているが、
その辺の状況には一切触れず、結果だけ発言しているので、どうも話がつながらない。

むしろ、義経が何のためらいもなく喜んで任官していたほうが、頼朝の激怒の理由も明確だったような気がする。

頼朝に無断で任官したから。
頼朝に無断で任官したこともそうだが、それ以上に、京都の維持や軍事を担当しなければならない左衛門尉・検非違使は、義経が法皇の側近として京都に居続けることを意味し、そうなると幕府の仕事ができなくなるから。

 一ノ谷の戦い後、頼朝が、義経を平氏追討の当初メンバーからはずした理由は?
第29回放送より 
無断で任官したことに怒った頼朝は、すぐに平氏追討のメンバーからはずすよう範頼に書を送った。
無断で任官したため、頼朝が怒っていたから。
平氏追討とともに京都の治安維持も重要な課題のひとつだったため、義経にそれを任せたため。

 屋島の戦いでの那須与一の場面は?
第32回放送より 
扇の的というか根元を射落としたところで終了。
カット。
扇の的を射落としたところで終了。
扇の的を射落とした後、義経の命令で、近くで舞を踊っていた男も射てしまうところまで放送。

 那須与一の場面で、扇の的の横にいる女性は本当に美女か?
第32回放送より 
まさかのゴマキ。
美女。
微妙。
残念。

 壇ノ浦の戦いの義経の八艘飛びの場面は?
第35回放送より 
カメラを固定し、飛んだ瞬間→飛んでるとき→着地する瞬間と映像を細かく切り替え、いかにも飛んだように見せる手法。
カット。
飛んだ瞬間の映像からすぐ着地する瞬間の映像に切り替え、いかにも飛んだように見せる手法。
ワイヤーアクション。
フルCG。
人形。

 頼朝は義経の腰越状を読んだのか?
第40回放送より 
政子がからんできたので、もたつきましたが、結局、腰越状を読みました。
腰越状を受け取った大江広元が頼朝に見せる。
腰越状を受け取った大江広元は見るには見たが、その場で握りつぶし、頼朝に見せない。(吾妻鏡)

 土佐坊昌俊は襲撃する前に義経と会ったか?
第43回放送より 
危険を察知した弁慶は、義経に内緒で事前に会いました。
事前に噂を聞いた義経は弁慶に命じ、強引に連行し尋問する。(義経記)
いきなり義経を襲った。

 土佐坊昌俊に襲撃された夜、義経はどうしていた?
第43回放送より 
弁慶らは、危険を察知し準備していましたが、義経は酒を飲んで爆睡してました。
酒を飲んで爆睡していたが、静御前に大鎧を投げつけられ、ようやく起きあがり臨戦態勢を整えた。
静御前が襲来を予知していた。
普通に夜を過ごしていた。

 勧進帳の場面で弁慶は義経をどのように叩くか?
第47回放送より 
背負っていた道具箱ばかり叩き、タッキー本体は、ほとんど叩きませんでした。
叩かない。
本気で叩く。
小声で「ごめん」などと言った後、叩く。
痛くなさそうなところばかり叩く。
本気で叩くが、タッキーの顔は決して叩かない。
基本的に替え玉で、途中、タッキーの痛がる顔の画像を入れてごまかす。

 弁慶の立ち往生、松平健の表情は?
最終回より 
厳しくもなく、悲しくもなく、うれしくもなく、パスポートの写真のような平然とした表情でしたが、どことなく達成感があるような気がしました。
暴れん坊将軍の如く、厳しい表情。
コナカのCMの如く、平然とした表情。
マツケンサンバの如く、うっすら笑っている表情。
離婚会見の如く、悲しい表情。

 食事のシーン。中井貴一演じる頼朝は何を最初に口にするか?
第15回放送より 
鎌倉入りした義経と酒を飲みました。
食べない。
酒。
おかず。
米。
ミキプルーン。

 平清盛を演じる渡哲也は、ドラマの中で、どんな種類の日本酒を飲むのか?
第1回放送より 
大きいとっくりに入った酒を飲んだが、ラベルが隠されていて不明。渡哲也の立場上、松竹梅であろうと推測できる。
飲まない。
松竹梅。
一升瓶にNHK特有のへんてこなラベルが貼ってある日本酒。
うまいことラベルだけ隠す。
判定不可能。

 一条長成を演じる蛭子能収の笑い方は?
第2回放送より 
終始笑顔。蛭子さんは、いつの時代にどんな身分で生まれても腰が低いのでしょう。
第3回放送より 
深刻な場面であったが、笑わなかった。
笑わない。
話の流れで笑う。
悲しい場面になればなるほど、なぜか笑ってしまういつもの癖がでる。
終始笑顔。

HOME